コンユの部屋

20200924 青春ドキュ再び二十歳 コーヒープリンス1号店編③

2部はこのシーンから( *´艸`)


思わず雄たけびを上げるソンギュンさん(笑)
ジョンアンさんは
「オッパ、ちょっと少女みたいな声出したね~」
女性ホルモンが出る頃ですか?って(笑)


さて、肝心のコンユさんはというと・・
相変わらずニヤけてます(笑)


「これ、どう見る~」


ウンチャンは
(制作陣が)そうすると思った。
「こういう時だけちょっと目をつむってって」


このキスシーンを見て、ソンギュンさん&ジョンアンさんは
「最後にキスしたのはいつ?」
「コーヒープリンスの時?」なんて冗談を言ってましたけど(笑)
この男二人で見てる人たちは・・・
「だからこれを・・なんで僕たちに・・どうしたらいいのかわからない」って。
そりゃそうだ(笑)
「僕はみんなで一緒に楽しんでるところを見るんだと思ってたのに
ずっと二人が出てるところを見せられるんですね」
・・・すみません~


「イ・ユンジョン監督が本当に好きだった記憶がある。
このシーンを撮影した後・・」


「来て、すごくかわいいって表情で
頭をなでてくれたことを思い出した。」

え、私も撫でてあげたい・・・

そして、この名セリフですよ。

한번만, 딱 한번만 말할거니까 잘 들어.
너 좋아해, 니가 남자건 외계인이건 이제 상관 안해
정리하는거 힘들어서 못해먹겠으니까
가보자 갈때까지… 한번.. 가보자..


ジョンアンさん「かっこいい~」

ソンギュンさん「面白いなぁ」

ジョンアンさん
「面白いって。すごいかっこいい~。ハンギョル、よくやった。うまいなぁ。
もうどうしよぅ~」


ドンウクさん
「これちょっと恥ずかしくなるようなセリフをたくさん言ってたんだなぁ」
「だけど、二人がとてもお似合いだから、そういうセリフもかわいく見えたんだろうな」


ジェウクさん
「この時は、恥ずかしくなるって話もなかったと思うよ?」

「そうかな?」

ちょっと意見が合わない二人( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

ドンウクさん
「すごく大変なシーンだっただろうに。
すごくいい演技だね、二人とも。」

さて、ここでハッピーエンドかと思いきや、ハンギョルだけが知らない事実がありましたよね。


ハリムに聞かされて・・
このちょっと怒りをおびた表情がもう・・
大好物です!!!


「いや、女性ならサンキューでしょ。嬉しがらなきゃ。
僕がそんな話もしたと思います。」

やっぱり?私も思った~。
まぁ裏切られたって思ったっていうのもわかるけど、
そんなに怒らなくても・・・って。

「何でこんなに怒るの?監督。
ハンギョルがめっちゃ怒ってるけど?」って質問しました。


「今になって考えて見れば、その時よりは少し理解できます。
自分のアイデンティティーを抑えてまで、問い詰めたりもせず
ただ愛だけを見たのに、どう考えてもウンチャンが自分勝手じゃないか?
ハンギョルより?」


自分のすべてを投げうって
ウンチャンとの愛を
選んだハンギョル


彼がウンチャンに感じた
失望と怒りが
時間が経つほど胸に迫る。


きゃー、こんな顔で責められたい・・・


怖い~
でもセクシー♪
仲直りの栗のシーン。
大好き♪


ソンギュンさん
「もう一度見なきゃ。おもしろそう~」

全く同感です。
また見直したくなってきた。

ついにこのシーン( *´艸`)


ハッ!


これは、二人で見るの恥ずかしいよねぇ。
にやけるコンユさんと、頭を抱えるウネちゃん(笑)


恥ずかしくて暑がってるウネちゃんに・・

「や!すごく大胆な女性だ~」



「決して受け身ではないよ」

追い打ちをかけなさんな(^-^;

ラブシーンを見せられている男二人の反応は

「かわいいね、コンユヒョンがこの時すごくかわいかったね」


「確か年が・・・13年まえだと」
「ヒョン、20代だよ」

はいキター!!


ウヒャヒャヒャヒャと笑うコンユさん(≧▽≦)

気まずい・・


人声を上げて恥ずかしがるコンユさん。


ウネちゃん「これ、ワイングラスに越しなの見て」

コンユさん「これはちょっと昔の感性だよ。」

ウネちゃん「でもかわいいじゃん」


「ここ、ここ、ここ見て。僕のTシャツをめくりあげたの。
これはト書きになかったんだよ。」

また、そんな目をむいてそんなこと言わなくても(笑)


「ト書きにあった事がどこにあるのよ、これ全部~!」


「ウネの手が・・これ知らなかったんだよ、よく。夢中だったから。」

「私だって夢中でしたよ。私が余裕だったとでも?」


「放送を見て知ったんだけど、手がTシャツを・・」って言いながら再現。

字幕にも
ーたちの悪い再現ー
と書かれてますよっ。

ここまで見てきての感想を述べるコンユさん
「こんな感じだよ。
ハンギョルとウンチャンが結婚して・・・」


「昔の二人の姿を、
アルバムめくるように、昔に撮っておいたものを一緒に見る感じ」


ウネちゃんも「本当にそんな感じ。」


「どこからか、ママーって走ってきて」
・・・おっと、子供もいる設定ですね。

字幕
「どこかで
ハンギョルとウンチャン夫婦が
幸せに年を重ねているような気分」


「パパとママは仕事中だから、ちょっと待ってね~」
まだ続けます?(笑)


「みんなはこんな想像をよくするみたいですよ。
どこかで幸せに暮らしてるよね?
そんな話をよくするって」

ーコーヒープリンスのファンたちが
こうして13年待っていたのを
知っているー


「おもしろい~。一緒に見たから面白かったです。私は」とウネちゃん(^^♪


「そうだよ。ずっと一緒にいようよ。先に行かないで~」

まだ続くのでちょっとっこまで(≧▽≦)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。