賢いキャンプ生活

チョジョンソク:賢いキャンプ生活ep0 【日本語字幕】更新途中

シーズン3を期待しながら待つ間

キャンプ生活を見直していきたいと思います。

やっぱり字幕つけるのはちょっとあれなので・・・

紙芝居風で行きます。

少しずつこの投稿に書き足す感じで更新していくので

時々のぞいていただければと思います。

Twitterでは更新のお知らせはします。

 


こんにちは


まぁ、コロナ対策してまっせ的なメッセージです。

 


手洗い、体温チェックもしてるでぇという感じです。


願わくば思う存分キャンプに行って、旅行してカラオケに行く日が

1日も早く来て欲しいです。

(ほんとに・・・)


なんでキャンプ?


2020年11月 クマさんキーボードレッスン

デ:あの話聞いた?

助監督:なんの?あ~キャンプですか?

(仕事ができた):はい・・・

(こらしめてやる):それ誰が言い始めたんですか?

デ:ごめんね…僕が言い出したみたい。


始まりはキム・デミョンだった


2020年7月2日
「賢い蔵出し映像」その始まりを知らせるライブ

デ:「賢い医師生活、このままで大丈夫か?」の…

監督・ナPD:wwwww


ナヨンソクと関わったら、絶対口に気をつけろ


テロップ:登録者の方たちのコメントを読む時間

ナ:登録者の方たちが気になっていることをいくつか・・


テロップ:主な書き込み
#99ズ#拉致#花より青春#どこでも#旅行#ナ・ヨンソク仕事しろ

監:花より青春でもしなくちゃダメみたい。

ナ:1度拉致して一緒に行くのはどうか?とうい書き込みがたくさんあるんだけど

デミョンさん、どこか行きたいところはありますか?

監:上手く話さないとダメだよ

テロップ:はっきりと警告したのに・・・


クマさん:僕はどこでもいいんですよ~
みんなと、どんな話をしたかというと、どこかキャンプでも行ってみたらどうか・・・


テロップ:ただ自分たちだけで話していればよかった話…

監:セットに中庭があったでしょ?そこに…

クマさん:テントでも張って~

ナ:だけど、ヨンソクがそういうの好きだよ

監:(考えただけで疲れる)

ナ:キャンプとかそういうの。

デ:そうなんですよ~

監:あいつはめんどくさいものがない


このライブのせいだったという

ヨンソクが絶対にこのキャンプに行こう!と誓ったのは…

(feat.エネルギー&計画力&実行力)

ナ:ヨンソクが元々エネルギーがあるじゃん

デ:ヨンソクは計画も立てられるし、実行もちゃんとできるし


デ:みんな~僕、全部話したよ~

テロップ:この純粋なクマさんに何の罪があるだろうか…


デ:みんな見てる?

テロップ:全部ユ・ヨンソクのせいだ…


それからちょうど4か月後
シーズン2 初合奏


シーズン2のエンジンをかける初合奏

ジョ:あ~みんなに会えて嬉しいよ


ホントに久しぶりに団結したミドとパラソル


合奏中
(ネタバレ防止)

ミ:ヨンソクできるねぇ

ヨ:ただ叩いてるんだよぉ。ホント適当に叩いたTT

ギョ:あぁさっきは上手くいったのに…Ah

監督:手首どうしたの?

ギョ:カノンの時に痛めたみたいです


それでもシーズン1に比べてはるかにレベルアップしたミドとパラソル


そして打ち上げ


突然ついた助監督のスマホカメラ


合奏記念ビヤホール飲み会中に…

突然各自のスケジュールの確認をしている


ミ:マジで寒いんじゃない?

テロップ:次は寒さの心配

監督:凍え死ぬよ!

ヨ:大丈夫、大丈夫。みんなやってるよ

監督:テントでは寝られないよ


テロップ:これらすべての騒ぎを起こしたのは、今日もこの人;;

諦められない男(ヨ):いや、寝るのはそこにコンテナがあるから、そこで寝ればいいじゃん!


ユ・ヨンソクには
いつも計画があった


テロップ:キャンプのプレゼンテーション

ヨンソク:①焚火をこうやって焚いて~


(各種キャンプの食べ物の写真)
ヨ:②こうやって僕が作って食べるんだよ~

(地下練習室のセット)
ヨ:③ソッキョンの家でちょっと練習もして~


(まんまと乗せられた)
ギョ:ちょっと!絵が浮かんでくるんだけど??!!

デ:合理的な疑いなんだけど、もしかしてtvNと話してるんじゃないの?

テロップ:番組構成案 ささっと

ギョ:すごくいいんだけど~?


(やっと発見)
監督:ちょ、あいつ何してんの?

プロデューサー:ティーザーを撮っています


監督:みんな勝手に…

テロップ:ティーザー予告もささっと


ジョ:「俺はキャンプを1度もしたことがない~」
「1度してみたい~」
この話をして、今…

テロップ:実はジョンソクが1言言っただけだったんだけど…

 


デ:番組が1つできた!

テロップ:大きな1が誕生した

デ:とりあえず番組名を決めてみよう

ヨ:賢いキャンプ!

監督:(1人で心配)


題名もヨンソクが決める(監督に聞きもしない)

(ギョンホさんが、ジョンソクさんに、何か大丈夫って言ってくれてるけど、何かなw)


こうして彼らは、勝手に

賢いキャンプ生活


5人のうち、ヨンソク以外の4人でいつもこう言ってるんです。

ヨンソクの言うとおりに、絶対しなければいけない

テロップ:根が深い末っ子ON TOP

デ:何も言うな


テロップ:「ヨンソクに従えば、寝ていても餅が出てくる」
→(ヨンソクの言う事を聞いていればいいことがある)

デ:ヨンソクがやれと言う事が、正解だ


ギョ:で、僕たちがセットの前で…何かを決意することは、僕はいい事だと思う

テロップ:もう、自分たちだけで壮大な意味を付け始めた

ミ:撮影の前に~?

ジョ:俺は…すごくいい~
(長男、しっかり!w)

テロップ:いつもそうしてきたように…

デ:いいと思う~


(酔ってない)
ギョ:新しい始まりを1度決意することは、僕はすごくいいと思うわ!

テロップ:ヨンソクが投げかけたキャンプに、みんなが動き始める


ヨ:すごく寒いかもしれない。
だから、ダメならそこで肉だけ焼いて食べて
みんな車で帰ればいいじゃん

テロップ:むしろヨンソクが合理的な提案をしても…


(本当に酔ってない)
ギョ:いや、それはないよ!

デ:いやいや

テロップ:今では彼らがダメだという…

(もともと気分がいいとこんな)
ギョ:そしたらただポチョンでただ…テジカルビ食べるよ!

ギョ:それはない、それはない

ヨ:わかったよ。何があってもそこで寝ること!

ギョ:そうだよ~!

ヨ:どんなに寒くても!

ジョ:そうやって食べて~
そこでその日の夜に帰るなら~
俺はいかない!

(ちょっと、ヒョンが発言したよ!誰も聞いてないww)

テロップ:こうして結局ヨンソクの意のままに
心が1つになりました。


もちろん、どうにかして止めようとしました


監督:君たちのために、セットを全部開けなきゃいけないの?

テロップ:ムキになってみたけれど…

ヨ:そこ…電気を少しだけ使います、監督

テロップ:聞く耳を持たない


テロップ:(そう思っておいてください~)

(う、さすが末っ子!)


(長男)
ジョ:だけど、俺たち…
どういう事かわかるけど…
明日…
明日もう1度電話して~

テロップ:長男がこの浮ついた雰囲気を落ち着かせようとしましたが…


ヨ:なんでまた・・???

ギョ:なんで?なんで?なんで?なんで?

テロップ:パッと見ても受け入れられそうにありません;;

(いや、ちょっと空気読めなくてすんませんw)


(それでも諦めない長男www)

(長男)
ジョ:あ~それは…お前たちが酔ってて…


ギョ&ヨ:酔ってないよ!

テロップ:酔ってないって言う方が、もっと怖い


デ:カンパーイ!

テロップ:まぁ、大体こうしてキャンプが始まることになったという話です

ギョ:ミドヌナ、どう?いいでしょ?


グループ名:ミドとパラソル

次の日

監督:最後に聞くけど~ホントにキャンプするの?

ユ・ヨンソク/チルボン&アン・ジョンウォン:やらなきゃwww

チョン・ギョンホ/イ・ジュノ&キム・ジュンワン:ヨンソク~準備するもの教えて~

キム・デミョン/ヤン・ソッキョン:カバンに全部詰めたけど…

監督:はぁ~本当に体力があって疲れる奴らだ

ヨ:各自食べ物1種類、おかず1種類、酒とイス、個人用箸&コップ
(ユ・ヨンソクさんの書き込みを告知に登録しました)

チョン・ミド/チェ・ソンファ:フフフフフフフフいいね

ギョ:ビームプロジェクターとホワイトボードとホームシアターと、キャンプファイヤーとローリングペーパーとタオルと

(ギョンホさんは何をしに?(^-^;)

デ:ヨンソク、ピアノは準備しなくてもいい?

チョ・ジョンソク/イ・イクチュン:wwwwwで、何時集合~?
遅刻した人が皿洗い! (←これ、覚えておいてw)

ヨ:午前11時までにセットに集まればいいと思う

ミ:ジョンソクオッパが遅刻しそうなんだけどwww
(なんでそう思うのですか…遅刻常習犯なんですか?TT)

ギョ:ヨンソク、ミラーボール持ってく?
(どういう事?w)

監督:頼むからそれくらいにしろ~適当に


こうして私たちだけのキャンプが始まりました。

(ジョンソクさんはグループチャットでもあまり発言しないタイプ…と( ..)φメモメモ)

キャンプ前日


●ギョンホCAM

ギョ:こんにちは~。今から荷造りをしようと思います。


ギョ:(ヨンソクが)準備しろって言った通り
まぁこうして全部…あれこれ準備しました~


●デミョンCAM

デ:こんにちは。
キャンプの準備をしようと思います。


黄色いテロップ:真剣

デ:買い物に行って、家に行ってキムチを持ってこようと考えてて、干しダラを買おうと思います。

キャンプの準備
①買い物
②お母さんのキムチをもらってくる
③干しダラショッピング(1番重要な事)


テロップ:(我に返る)(何をしているのか…)


テロップ:(古い進行方式)一緒に行きましょう…


☆買い物メモ☆

デ:ギョンホが買って来いって言った雑穀米
ジョンソクがエリンギ
ギョンホに頼まれた各種野菜


テロップ:いつも自分よりも友達の好みに合わせてあげる
温かいクマさん

ミドが焼いて食べたがっていたマシュマロ

デ:次はラーメン5個

※ご覧の番組はNO,PPLです。
10ウォン1枚ももらう事のない、自腹です。

デ:ヨンソクが美味しいって言ってたものがあったんだけど…
お、あった、あった。


テロップ:デミョンヒョンに電話中

デ:もしもし?

ギョ:買い物終わった?

デ:いや…もう買い終わって家に戻ってるよ~。
準備終わった?

ギョ:いや‥ほとんど詰め終わった~

デ:お、マジで?!!

ギョ:いや

キャンプ初心者1:はぁ~荷物、荷物、荷造りしたら明日の朝までかかりそうなんだけど?

ギョ:wwww

<次はミドリンに電話>


ミ:もしもし?

ギョ:買い物してきた?

ミ:買い物しに来たよ~

ギョ:(ただ気分がいい)えへへ


ギョ:チャンボゴ+Ω(オーム)

※チャンボゴは歴史上の人物らしいです。
「買い物してきた」장보고 옴(チャンボゴオム)のダジャレっす💦

けど、ギョンホさんがダジャレで言ったのかな?
発音に合わせてスタッフが付け足した気がしないでもない。


ミ:買い物に来た

ギョ:(セットの天気)明日マイナス9度だって~

ミ:(寒さにちょっと弱い)だから私、今怖くて死にそう~ㅠㅠ

ギョ:(ヌナの心配)持ってる服全部着な~


寒さにちょっと弱い22

テロップ:通話終了後
明日着る服をあらかじめ着てみる


テロップ:マイナス9度に1泊2日

大丈夫だろうか…?


デミョンオンマ:アミノ塩辛で味付けして~

テロップ:世界で1番美味しいオンマのキムチ

デミョンオンマ:唐辛子を入れるとチゲがおいしくなるのよ~
豆腐も入れて。

テロップ:オンマのキムチチゲの秘宝を伝授中


デ:オンマが作ってくれるキムチチゲが1番美味しいのに~

オンマ:そしたら今日キムチチゲにすればよかった~

デ:いやいや

テロップ:キムチをもらいに来て、久しぶりにオンマのご飯まで❤

(・・・・)

デ:ふふふ、別に話してもいいんだよ。

オンマ:(恥ずかしい)できないよ~


プロの放送人らしく食事中でも取れ高の心配をしてみる

デ:ドラマすごく好きだったじゃん。父さんでも。
(突然リポート)何が1番面白かった?

テロップ:オンマにそんな不自然な質問を;;

オンマ:何が1番面白かったかって?

デ:(続けてリポート)オンマ、前に…なんだ…刑務所のルールブックのファンだったじゃん~。

オンマ:そう~刑務所のルールブック面白かったよ~

デ:それを見て僕に、なんでこういうドラマに出ないのかって

テロップ:ありがとうございますTT
ドラマの見方を知っていらっしゃる、この時代の真の大人

オンマ:あのドラマは本当に人間らしいドラマだったよ

アッパ:人間的な匂いがしたよ

テロップ:とにかく望んだとおりのトークが流れていくのかと思ったら…

オンマ:(息子を想う)食べなさい~どう…太刀魚美味しくない?

デ:美味しいよ

オンマ:食べてみて~。横の骨、全部取ってあげようか?

デ:いや、自分でやるよ、自分でやる。大丈夫だよ

テロップ:放送だろうが何だろうが…息子が何才だろうが…
ただ息子の口に入っていくものだけを気に掛けるオンマ

オンマが何か言ってるけどよくわからない~
何か作って食べさせようとしたみたいなことだと思う。

デ:(アイゴ~オンマ…)

オンマ:このキムチ食べてみな~すごく柔らかいよ

テロップ:久しぶりに家に来た息子
次々と気遣う母親

オンマ:これちょっと硬いかも…
(厳選された食材)だけど区別(?)されたあら煮だよ、これは~
何でもかんでも食べて育った骨じゃなくて…


オンマ:食べてみて~

テロップ:まぁ、美味しいオンマのご飯ならいいよね。放送が何だっていうんだ…


そんな貴重なオンマのキムチは…


なぜ涙に濡れたキムチになってしまったのか

デ:オンマがつけたキムチが!!!

デ:大丈夫、大丈夫だよ。母さんには話せば…


ヨ:ヒョンが渡して

テロップ:どこに渡さなければならないのか

ヨ:僕には到底できそうもない


ギョ:僕が悪かったよ、ごめん

テロップ:99ズを泣かせてしまった残酷なキムチの物語

デ:大丈夫、大丈夫。
あ~大丈夫だって!

【奥で笑ってないよね?ジョンソクさん?】


ギョ:ほんとに僕が…

デ:僕が悪かったと言えばいいんだ

テロップ:誰が彼らからキムチを奪ったのか?

【あの人しかいないよねw】


テロップ:準備じゃなくて またどこかに電話中


ジョンソクだぁ❤

ギョ:布団持っていく?

ジョ:な、何を持っていくかって?

ギョ:ヨ!(布団)

ジョ:ユ?(ユンノリの?)

ギョ:ヨ!(布団)

ジョ:あ~布団~。なんでこんな聞き取れないんだろ、俺。

ギョ:You men、ユ(布団)持ってく?

ジョ:写真見たけど、荷物めっちゃ多くない?

ギョ:(キャンプ初心者)だよね、あれじゃダメだよね?


テロップ:少なくともハワイに行く時の荷物

ジョ:wwwなんでそんな多いの~

ギョ:(悩み中)これはアカンと思ってるんよ


テロップ:キャンプマスターに問い合わせ電話


ヨン:ヒョン、コッヘル(キャンプ用の炊事用具)と…その変なお皿みたいなやつは持っていかなくてもいいよ!

ギョ:お皿みたいなやつ持っていかなくてもいい?

テロップ:断固たる添削指導

ギョ:ヨンソク、そしたら何時からやる?8時からやろうか?

テロップ:ヨンソクの家からヨンソクの車に乗って
二人は明日一緒に出発することに

ヨン:わかった~明日ね~


デ:最後に~一番大事な干しダラを取りに行きます


テロップ:99ズ最愛のおつまみ、干しダラ❤

デ:キャンプの準備は、干しダラを買う事で完了です~

キャンプの時に会いましょう~バイバーイ


次の日の午前8時


テロップ:ヨンソクと一緒に出発するために来たヨンソク

テロップ:事実上荷物持ち


ヨン:荷物がすごく…少ないでしょ?


ギョ:(呆れる)フハッ~!

ギョ:これを置いたら持ってこなきゃならないじゃん~

ヨン:(少ないです)でしょ~必要な物だけ準備したよ~

ギョ:(そうでしょうね)はい…

ギョ:1日だよね?

ヨン:一日~www

ギョ:(1ヶ月かと)1日だよね?


テロップ:ここで更に驚くのは…


すでに荷物がこれだけあるという事!

ヨン:すでに荷物が・・・www

ギョ:どうするよ、これ

ギョ:どうしろっていうのよぉ

テロップ:いつでも行けるように、基本的なキャンプ道具はいつも積んでいる

ギョ:(マジで心配)ヨンソク~これ全部入る?

ヨン:(心配ノーノー)大丈夫、全部入るよ~


テロップ:きちんきちんとテトリス

上の階に置いてある荷物を取りに、また上がっていく

ギョ:キャンプはお好きですよね?

ヨン:えぇ、好きですよ

ギョ:僕は今やめても、すごく嬉しいと思う~

テロップ:キャンプに入門もしていないうちに嫌気がさす

ギョ:記憶に残ると思う、ヒョンは

ヨン:荷物はいつも少なめに

ギョ:そうですよ

ヨン:必要な物だけ

ギョ:1日だけじゃん

ギョン:おおw

テロップ:自分で考えても笑えるキャンプマキシマリスト

ギョ:1日だけだから。いやぁー・・・


(通話中)

ギョ:バナー?

ギョ:ヨンソクー、ジョンナムヒョン、じゃない、ジョンソクヒョン、バナー持って行ってもいい?

ヨン:どんなやつ?

ギョ:バナー

ヨン:(もう準備している)マジでいらないよ

ギョ:マジでいらないって、ヒョン

ヨン:デミョンヒョンも持ってくるよ


ギョ:(状況説明)荷物をまとめてるんじゃなくて

ギョ:(すでに辛いから)今は話しかけないで・・・うん、切るね


テロップ:最後の荷物が下へ

ギョ:OK~終わった、終わった


テロップ:空間がないので車の上にまで荷物を積む
テトリス上級段階


テロップ:ついに終了!

ギョ:(僕はここまで)ヨンソク、行ってらっしゃい~

ギョ:もういいよね?

ヨン:出発!

ギョ:出発!

ヨン:買い物に

ギョ:(いつ行くんだよ)クッソ・・w


テロップ:買い物してきた

※意味は前記参照


テロップ:やっとセットへ出発

出発前に体温チェック

ヨン:36.5度

ギョ:OK

ヨン:36.6度

テロップ:手の消毒も確実に

ギョ:ありがとうございますぅ

ギョ:結構遅くなったね


ヨン:11時に着けば十分でしょ

ギョ:荷物降ろしたら4時くらいになりそう~

ヨン:は?

ギョ:www

テロップ:デミョンヒョンに電話

ヨン:僕たち5分くらい遅れるかも~

デ:あ~すぐ着くね

ヨン:必要な物だけ最小限持ってきたよ~

デ:ヨンソク、引っ越しするって噂だけど?

ヨン:wwwwwwwww

ギョ:車に銃があるよ!

ヨン:銃なんてないよ~あれは銃じゃないってば~

デ:わかったよ、気をつけてね~


ギョ:誰(に電話してるの?)

ジョ:おぉ、ヨンソク

ヨン:どこ?めっちゃ混んでるでしょ?

ジョ:車が多いねぇ、うん。

ギョ:僕たちも渋滞してるよ、ヒョン。少し遅れる~

ヨン:僕たちは5分くらい遅れると思う。

ジョ:そんなに遅れないね、俺は2‥20分くらい遅れるよ~

ぎょ:OK

ヨン:あ~そうなん?それならヒョンが皿洗いすればいいな


ジョ:な、なんだって?
【いや、君が言ったからねw】

ギョ:何でもないよ!
【優しみT T】

ジョ:(ゲームマニ)皿洗いはゲームで決めなきゃ

ギョ:皿洗いはゲームで決めよう

ヨン:一番最後に来た人がするんじゃないの?


テロップ:(自分でそうしようと言った)え…?

ヨン:もともと一番遅く来た人がやるんだったじゃん~

ジョ:・・・・


ジョ:おい、@#)@%$&(#行ったり来たりしてて遅れたんだよぉ~~~

ヨン:w僕たちだってあれこれ・・・

ジョ:お前たちは2人で俺は1人じゃないか~

【私の推したちはどうしてこうブツブツブツブツ・・・w】


ギョ:こっちは5人いても足りないんだよぉ!!!!!
【怒っていい案件】

ヨン:こっちは5人いなきゃだよ~
【この人は自業自得w】

ジョ:わかったよ~お前たち引っ越しの荷物積んできてるの知ってるよ~

ギョ:(期待してて)驚かないでよ~

ジョ:(正式に)遅れて悪かったよ

ヨン:ううん~


ジョ:(皿洗い脱出)いいでしょ?謝ったからなし~~~
【出た、5歳児】


【ヒョンがごめんなさいね・・・】


テロップ:すぐ会うのに、なにをワチャワチャと話しているんだか^^;

ヨン:わかったよ、後でね~

ジョ:とにかく運転気をつけて~

ギョ:うん~

ヨン:わかったよん~

ジョ:じゃね~


テロップ:実はジョンソクも


テロップ:来る間一生懸命に自撮りしてくれたんだけど…


ジョ:日常から抜け出して…

こうしてまた…

え~…

キャンプをするのが…


テロップ:陳腐な放送用コメント

【ちょwww】


ジョ:あ~眩しい


テロップ:過度な芸能人設定


ジョ:ほんと、言うことないです

テロップ:いつもは口だけは達者な人が…

ジョ:何を話せばいいのか


ジョ:やっぱり自撮りは…

テロップ:自撮りは気まずい

ジョ:難しくて…


テロっプ:つまらない話を長々と


ジョ:こんな事ならすぐにカットでしょ


テロップ:知っててなんでそんな


テロップ:そこで始めた音楽放送


テロップ:一生懸命踊って歌ってるけれど…

上のテロップ:よりによって著作権問題を解決しずらい洋楽を流し続け、全部バッサリサイレント処理します…

※ちなみにこの時歌っていたのはこの歌だそうです。
特定班すごすぎ

 


ジョ:「花より青春アイスランド」の時…

※ここもバックに音楽流れてるからかサイレントw


【え?話の続き聞きたかったよぉ(T_T) 分量少ないよぉぉ(T_T)】

テロップ:なので、使えるところがありませんでした


テロップ:一生懸命音楽放送をし過ぎて眠くなる

【0歳児だぁ(T_T)】

ジョ:すごく眠くなって…


・・・

【ポンコツなくせに無駄にイケメン】


ジョ:だから、え~~~

レロップ:なので言いたい言葉は・・・

ジョ:なんの話かというと・・・


ジョ:(就寝のお知らせ)ちょっと寝なきゃ・・・はい・・・


ジョ:とお伝えして…


ジョ:到着したら、ジャーン‥て感じで


ジョ:登場します…


ジョ:(礼儀正しい)ちょっと寝‥寝ま~す。はい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。