コンユの部屋

コンユ:48時間真鯛漁の船に閉じ込められた「コンユ」①釣り1日目

エピソード2です。

いよいよ真鯛釣りに出発したコンユさん~

1日目の釣りの様子までの訳です。

※個人チャンネルでの不法ダウンロードは禁止。

動画の一部分をイメージで載せるときは、動画のリンクあるいはmanagementSOOPと出所を明らかにしてください。

との注意書きがあるため、字幕は付けずセリフを書き出してみます。

https://youtu.be/Qd_4l1wK4jU

ホンウォン港

テロップ「今日の釣り人」

テロップ「楽しみな今日の旅程」

コンユ「こんにちは。ここはすごく穏やかですね」

テロップ「僕の大切な装備」

コンユ「これ全部僕の装備だよ」

テロップ「自慢中」

テロップ「大事、大事」

テロップ「風と共に行く 1回目の釣りポイント」

テロップ「ソチョンの海を一望して出る」

コンユ「僕が最初に釣らなきゃいけないのに」

テロップ「やる気満々」

テロップ「エピソード1 魚は海が与えてくれる」

コンユ「完全にプロプレイス?(ちょっとわからない)ですか?今」

船の人「いやいや」

テロップ「釣りポイント到着」

テロップ「今日最初の浮きを投げてみるが」

コンユ「来た来た来た来た」

テロップ「投げてから数分でもう当たりが?」

コンユ「雑魚だよ、雑魚。雑魚」

テロップ「釣竿を通じて感じた雑魚の匂い」

コンユ「コチみたいなんだけど?雑魚だよ、雑魚。」

テロップ「雑魚とは? 対象の魚種を除いた魚種」

テロップ「最初の魚:コチ」

コンユ「海の中で喰いついた時に分かったよ」

船のアナウンス「コチが出てくれば真鯛も出てきますよ」

コンユ「は~い!分かりました」

コンユ「お~来た!」

テロップ「すぐにまた来た当たり」

コンユ「あぁ!また雑魚だ」

コンユ「逃げた、逃げた。逃げたでしょ?逃げたって。逃げた!」

(う、うるさ・・w)

コンユ「あ~、逃げちゃった❤ フッ」

➳ ( ˙-˙=͟͟͞͞)♡ 爆死)

コンユ「雑魚が多いね」

スタッフ「どうしてわかったんですか?釣った瞬間に」

コンユ「どうしてわかったかって?雑魚かどうか?喰いついた時の当たりが違う。真鯛とは」

コンユ「竿の穂先の動きも違うし」

テロップ「しゃべってる間にやってきた真鯛?!」

コンユ「あ~雑魚だよ、雑魚~」

テロップ「時間と海は虚しく流れ・・」

テロップ「移動」

テロップ「海風に当たりながら待つ次の釣り」

テロップ「5時間経過:コチ1匹」

(ご、5時間?!)

テロップ「釣りとは時を釣る事」

テロップ「私はその時の中で待つのみ」

テロップ「本当にそれだけ・・・」

テロップ「(ざわざわ)(ざわざわ)」

コンユ「来たね」

船の人?「雑魚?隣に行ったね」

テロップ「何で僕のところに来ないんだ?」

テロップ「虚しく見つめる海」

テロップ「横の方で先に感じる真鯛の気配」

コンユ「真鯛だね!  来た!」

テロップ「ついに僕にもチャンスが」

テロップ「ものすごい速さのリーリング」

コンユ「雑魚みたい」

テロップ「感じられる雑魚の気配・・」

コンユ「あ~また雑魚だ」

テロップ「簡単ではない今日の釣り」

コンユ「お!ヒラメだ!」

テロップ「小さな失望を癒すように 静かにやってきた子どものヒラメ」

コンユ「赤ちゃんヒラメ」

コンユ「助けてください」

テロップ「稚魚は放してあげる釣りのマナー」

コンユ「リリース!」

コンユ「エンジン切ったからすごく静かでしょ」

コンユ「(ヒソヒソ声で)A・S・M・R」

テロップ「海の音と一緒に聞くコンユのASMR」

コンユ「(引き続きヒソヒソ声)魚群がいるんだけど魚が釣れません」

コンユ「(まだやるヒソヒソ声)皆さん西海の海の音を聞いてみてください」

テロップ「他のポイントに移動」

テロップ「次のポイントでは真鯛を釣ることができるでしょうか?」

テロップ「真鯛が釣れることを願う気持ちで、遠くにキャスティング」

コンユ「あはははははは」

(何が可笑しいのw)

テロップ「場所を移してみるが 簡単には姿を現さない真鯛」

テロップ「諦めるなんてない」

コンユ「うまくいかないな。」

コンユ「午後になるのを待たないとダメかな?」

テロップ「そして午後」

ボーっとしているコンユさん・・・
テロップ「無念無想」

靴下のアップ
テロップ「確かトキメキで一杯だったはずなのに」

コンユ「今の僕の心境」
左足のSADの靴下を見せながら・・
コンユ「今の心境」

テロップ「それでも再び希望を持って」

テロップ「起き上がりこぼしのように繰り返される待機」

船の人「あと1か所だけやってみますか?」

コンユ「はい、最後のポイント?」

船の人「どうせ行く道だから」

コンユ「あ、そうなんですか?じゃぁ行ってみて、釣れなければ行きましょう。」

コンユ「今日はまるでだめだな。」

テロップ「最後のポイントに移動」

コンユ「明日は釣れるでよね?」

船の人「明日は朝早く出なきゃならなくて」

コンユ「早く出られますよ。」

船の人「早く出ないと。」

コンユ「5時に出る?明日?」

スタッフ「大丈夫ですか?」

コンユ「大丈夫でしょ~」

テロップ「突然来た当たり」

テロップ「今回はどうか真鯛を!!」

コンユ「違う」

船の人?「雑魚?」

コンユ「はい。」

テロップ「来なくても、あまりに音沙汰がなく苦々しさだけが残る日・・・」

コンユ「1匹来たんだけど真鯛じゃなかった・・」

コンユ「お!なんで揺さぶるの?×3 なんだ?なんだお前!」

テロップ「今度こそ本当に真鯛か?」

コンユ「雑魚みたいだけど揺さぶり続けるんだよ。コチかな?」

テロップ「紛らわしい当たり」

コンユ「ちょっと大きめのコチかな。君はなんでこんなにクネクネするの~。」

コンユ「お?アイナメだ!お~いいサイズ!」

テロップ「今日の初収穫 アイナメ」

コンユ「お~、いいね」

コンユ「あ~久しぶりに当たりが来ました。」

コンユ「コチとかホウボウとかの雑魚ではなく、アイナメで良かったです。アイナメはそれでも食べられます。西海に初めて来た時に、初めて釣ったのがアイナメでした。」

テロップ「初西海釣りで釣ったアイナメ」

テロップ「再び釣りに集中」

コンユ「お!また来た!」

テロップ「果たして?」

コンユ「いや、真鯛じゃない。さっきほどじゃない。」

コンユ「なんでも釣れたから嬉しいね、でも。」

コンユ「またアイナメだ~。ここアイナメがたくさんいるんだなぁ!」

テロップ「もう一度アイナメ」

コンユ「赤ちゃんだぁ。放してあげるよ。」

テロップ「小さい魚はまた大きくなるようにリリース」

コンユ「ヒョン、だけどあまりにも当たりがないから、これでも楽しいです。フッ」

(楽しいなら、えがった、えがった( *´艸`))

コンユ「いない、いない。」

コンユ「終わります、船長帰りましょう!」

コンユ「帰りましょうか?」

コンユ「船長さん、僕が真鯛を一匹も釣れないから、ちょっと絵(動画)の心配をしてくれているみたい。」

テロップ「真鯛を見ることができず残念だった船長」

テロップ「みんな残念な気持ちでいっぱいの今日」

コンユ「ご飯食べに行きましょう!ご飯,ご飯!明日のために。」

テロップ「明日のために」

コンユ「明日5時半だよ~。」

テロップ「今日の操業はこれで終わり」

つづく。

今回はここまで。

釣り用語が多いうえに、字幕のない所はマスク・・のせいだけじゃないけれどちょっと聞き取りにくく。

字幕があっても??な所もあって、そこはなんとなくのニュアンスでごまかしたりしてます(笑)

釣れなくても楽しんでるのを見てるだけで幸せになります。

が、絶対付き合ってあげられない。釣りだけは・・

船酔いするし、楽しさがいまいちわからん(笑)

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。