コンユの部屋

コンユ:徐福 公開日決定?

コンユ、パク・ボゴム出演
「徐福」公開日決定

12月2日らしい

元記事:[단독] 공유X박보검 ‘서복’, 오는 12월 2일 개봉 확정

俳優コンユとパク・ボゴムが呼吸を合わせた上半期最高の期待作映画「徐福(イ・ヨンジュ監督)が来る12月2日に公開日を確定した。

複数の映画関係者によると、映画「徐福」は来る12月2日公開を暫定確定し、21日から本格的広報・マーケティング活動に乗り出す。

「徐福」の投資配給社であるCJインターテイメントは、20日午後6時、公式インスタグラムcjenmmovieアカウントにコンユとパク・ボゴムが一緒に出演した動画を通じて「コンユとパク・ボゴムが出会ったこの映画「徐福」がついに明日発表されます。」と明らかにした。

「徐福」は人類最初のクローン人間「徐福」を守る最後の任務を任された元情報局要因キホン(コンユ)が、ソボク(パク・ボゴム)を獲得しようと立ちはだかる、さまざまな勢力に追われる中、共に行動して予期せぬ状況に巻き込まれる話を描いた作品だ。韓国映画初のクローン人間を素材にした。

コンユは生涯最後かもしれない任務を遂行することになる、元情報要員キホン役を繊細な感情と強烈なアクションを同時に披露する。好評放映中のtvNドラマ「青春の記録」に出演中のパク・ボゴムは、秘密裏に開発された人類初のクローン人間ソボク役を演じた。

映画「徐福」は「82年生まれ、キム・ジヨン」以後1年ぶりに作品を披露することになるコンユと、映画「チャイナタウン(邦題:コインロッカーの女)」以後5年ぶりのスクリーン復帰作となるパク・ボゴムの初共演で、二人の初の出会いに対する期待感が高い。

ここにチュンムロ代表演技は俳優チョ・ウジンも合流する。チョ・ウジンはソボクの存在を隠そうとする、韓国情報局要因アン部長役を演じ、劇中ソボクと対立し緊張感を生み出した。

特に「不信地獄」「建築学概論」を通じて興行と批評をすべて受けたイ・ヨンジュ監督の8年ぶりの復帰作だけに、コンユ、パク・ボゴム、チョ・ウジンと一緒にし、韓国映画初、人類初のクローン人間のストーリーがどのよう繰り広げられるのか「徐福」に対する期待感はその、どの時よりも熱い。

やだ。イケメン二人が追われて逃げ回るの・・・
いいね。早く見たい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。