チョ ジョンソクの部屋

チョジョンソク:チャダムチキンの記事

チキンフランチャイズ、チャダムチキン、第3四半期 新規加盟店「1日1店オープン」

主力メニュー「メプフレンチキン」人気追い風 3か月間で86店舗開店


チキンフランチャイズのチャダムチキンは、2020年第3四半期に新しくオープンした加盟店が全部で86店舗で、1日あたり1個の新しい店舗が誕生していると22日に明らかにした。該当期間に全国各地でオープンしたチャダムチキンの店舗は、7月に31個、8月に25個、9月には30個にのぼる。これはコロナ19の事態で自営業が全般的に苦戦している中での成果だという事で、更に目立った。

チャダムチキン加盟店の急増は、6月に発売したシグニチャーメニュー「メプフレンチキン」について市場の爆発的な反応が、底力になっているものと分析される。辛いマヨチキン系のメプフレンチキンは、発売50日で10万個売り上げを突破し、ますます販売速度がつき100日ちょっとで、9月中旬に30万個販売を達成した。YouTubeとブログ、SNSでは自発的に製品を購入してアップした「私のお金で買ったもの」のレビューが並んでいる。

公正取引委員会に登録された、情報公開文書を基準にして、チャダムチキンは2014~19年の間、加盟店数が毎年平均49.5%ずつ増加しており、着実に成長してきた。このブランドが本格的な広告キャンペーンを繰り広げていない時期で、動物福祉チキンをはじめ製品自体の優秀性を顧客から認められたことから出てきた成功だと評価される。このような底力に加え、最近の急成長はシグニチャーメニューの開発、トップスターを起用した広告マーケティングなどが加わって現れたものに見える。特に国民的愛を受けている俳優、チョ・ジョンソクの魅力を最大限に生かした親しみのあるTVCMを通じて自社メニューを集中的に広告することにより、ブランド認知度が急上昇して大きな関心を受けることになった。

チャダムチキンは最近の「1日1店舗オープン」状況に対し、予備創業者たちが自社製品の味と品質、消費者の高いロイヤリティ、本社の安定性と発展の可能性などを認識し始めたと評価した。夏季の宣伝に続いて10月にも30余りの店舗がすでにオープンしたり予定されており、このフランチャイズの新規オープンラッシュは当分の間持続されると思われる。

一方、チャダムチキンは2014年に加盟持病を始めたチキンブランドで、動物福祉ブロイラーと100%国内産の原料肉等、環境に配慮した材料を使用して品質の高級化戦略を選択し、他のブランドと差別化を図っている。消費者たちの間に健康なプレミアムチキンだと噂になり、しっかりとした顧客層を確保した。現在全国で470余りの加盟店が営業中だ。

ーーーーーーーーーーー

トップスターを起用した広告!

全国的愛を受けている俳優、チョ・ジョンソク!

へへへ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。